サービス一覧

2)除毛剤 脱毛ワックス もうすぐ夏がやってくる! 除毛剤や脱毛ワックスでつるつる素肌を手に入れよう 夏が近付くにつれて気温や湿度が上がり、それに伴って肌の露出も増えてきます。そこで気になるのがムダ毛。周囲の人に気づかれないよう、しっかり処理しておきたいですよね。自宅でのムダ毛処理に比較的よく使われる除毛剤や脱毛ワックスについてリサーチしてみたので、それぞれのメリット・デメリットや上手な使い方を知り、ムダ毛対策に役立ててください。 ■除毛剤と脱毛ワックスってどこが違うの? どちらもムダ毛を処理するために使われるものですが、除毛剤が薬品の力でムダ毛を溶かすのに対し、脱毛ワックスはネバネバした液にムダ毛をからみつかせ、一気に引き抜くという使い方の違いがあります。 脱毛ワックスは剥がす時にどうしても多少の痛みを伴うので、痛みに弱い人は除毛剤のほうが向いているかもしれませんね。 ■肌の弱い人でも安全に使えるの? どちらの場合も、残念ながらすべての人に必ず安全であるとは言いきれません。しかし、近頃では「敏感肌用」という種類も販売されているので、肌の弱い人はこうした製品を選ぶようにしましょう。念のため、使う前にパッチテストをしておくとより安全性が高まります。 <パッチテストのやり方> 除毛剤の場合は、なるべく目立たない場所のムダ毛に適量を塗り、5分ほどおいて洗い流します。その後、24時間様子をみてトラブルがなければ使っても問題ありません。 脱毛ワックスは、除毛剤と同じように目立ちにくい場所のムダ毛に塗ってなじませ、すぐに剥がします。その後、数分経過してもトラブルがなければ大丈夫です。 ※稀に、パッチテストでは問題がなくても使用中になんらかのトラブルが出ることもあります。その場合は、すぐに使用を中止してください。症状が治まらない時は皮膚科で診察を受けましょう。 ■上手に使いこなすためのコツ <除毛剤の場合> 除毛剤はしっかりと薬剤をなじませることが重要なので、必ず乾いた肌に塗って使ってください。お風呂で使う場合は、タオルで水気を拭ってから始めてくださいね。また、あらかじめ室温を上げておいたり、上からラップで覆ったりすると、毛穴が開いて浸透力が高まります。塗る量が少なすぎると効果が出にくいので、完全にムダ毛が隠れるぐらいしっかりと塗りましょう。ただし、製品によっては少ない量でも十分に効果を発揮するので、適宜調整してください。 放置時間は、取り扱い説明書に書かれている時間を基準に、ムダ毛の薄い人は短め、濃い人は少し長めにすると良いでしょう。 <脱毛ワックスの場合> 確実にムダ毛を捉えるため、事前に取り扱い説明書の指示どおりの長さにムダ毛を切り揃えてください。長すぎても短すぎてもうまく剥がせないので、面倒でも必ず行ってください。 次に、ワックスをしっかり馴染ませるため、脱毛する部分を石けんで洗って汗や油分を落とします。水気はタオルで拭っておいてくださいね。 ワックスを塗る時は、毛の流れに沿って付属のヘラなどで素早く塗り広げていきます。あまり時間がかかりすぎるとワックスが固まってしまうので注意!  剥がす時は、毛の流れとは逆方向に一気に剥がします。ワックスやシートを持ち上げるのではなく、なるべく肌に沿うような感じで剥がしてください。使用後は、肌のほてりや炎症を抑えるため、保冷剤などを使って冷やしましょう。 ■ワキやデリケートゾーンにも使えるの? どちらの場合も「ワキやデリケートゾーンにも使用可」と明記してあるものなら使えます。しかし、除毛剤の場合は自分からは見えにくいOラインなどは処理しにくいので、どちらかというと剥がすタイプの脱毛ワックスのほうが向いているかもしれませんね。もちろん、うまく使いこなせるのであればどちらを使ってもかまいません。 トラブルが起きやすい場所だけに、使用後の保湿や冷却には気を配りましょう。 ■顔のお手入れをする際に気をつけること 除毛剤や脱毛ワックスには顔用もありますが、他の部位に比べて皮膚が薄く、トラブルが起きやすいので、使用には注意が必要です。顔専用のものを選ぶのはもちろん、次のことにも注意しながら使いましょう。 <皮膚に傷がある時は使用を控える> 腕や足とは違い、顔に起きる肌トラブルは隠すことができません。ただでさえ傷がついているところへ刺激の強い除毛剤や脱毛ワックスを使ってしまうと、余計に悪化して目立つことになるので気をつけてください。また、傷口にしみて痛みが出る可能性もあります。 <目の周りや口の周りには使用しない> 目や口の周りは、特に刺激に敏感な場所です。特に目の場合は薬剤が目の中に入って失明する可能性もあるので、絶対に使わないようにしましょう。顔の中で比較的安全に使える場所は、鼻の下や頬です。 除毛剤や脱毛ワックスは、きちんと注意点を守って使えばとてもきれいにムダ毛を取り除いてくれます。製品によっては、発毛を抑制して、使い続けるたびにムダ毛の生えるスピードが遅くなるものもあるので、面倒なムダ毛処理の回数を減らすことにも役立ちますよ! 使用後の保湿や冷却にも気を配り、つるつる・すべすべの素肌を手に入れましょう。 3)背中 ムダ毛処理 見えにくいから大変! 背中の脱毛方法と注意点 腕や足とは違い、自分からは見えないのが背中。そのため、ついムダ毛処理するのを忘れて恥をかいてしまったという人も多いのではないでしょうか? また、きちんと処理をしている人も、方法が間違っていることでニキビや肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうことも少なくありません。どのようにすれば、夏の間中きれいな背中でいられるのでしょうか? ■自宅での背中脱毛 背中の脱毛を自宅でするなら、同居している家族や友人のサポートが必要不可欠です。自分では届かないところもあるし、仕上がりのチェックもしにくいので、どうしても自分1人で処理するのは難しいのですね。また、皮脂腺の多いところなので、ニキビなどの肌トラブルを起こさないよう、処理後の保湿や冷却に気を配ることも大切です。 方法としては次のようなものがあります。 <シェーバーやカミソリで剃る> 手軽でお金もかからず、自宅での処理法の中では最もポピュラーなやり方。近頃では、長いS字型の柄にシェーバーが付いた背中用のものも売られているので、こうしたものを利用するとうまく処理することができるでしょう。 ただ、皮膚の表面に生えている毛を剃るだけなのでまたすぐに処理が必要となったり、カミソリの刃の刺激で皮膚が傷つき、色素沈着を起こしたりする可能性があるので注意。毛の濃い人には、あまり向かない方法かもしれませんね。 <ワックス脱毛> どろどろに溶かしたワックスを肌に塗り、ムダ毛ごと一気に引き剥がす方法です。一度に広範囲を処理することができる上、根元から引き抜くのできれいな素肌が長持ちします。 デメリットとしては、慣れるまである程度の痛みを伴うこと。しかしこれは、回数を重ねるごとにコツが分かり、次第に気にならなくなります。また、外国製のワックスは日本人の肌に合わないこともあるので、国産の安全なものを使いましょう。 <除毛剤> 脱毛ワックスと同様、一度に広範囲のムダ毛を処理することができる方法です。薬剤でムダ毛を溶かして取り除くので、ワックスのような痛みがないのが魅力。ただ、毛の濃い人の場合は規定の放置時間を過ぎても完全に溶けず、ただくるくると毛が丸まるだけという場合もあり、どちらかというと薄い人向きです。 また、製品の種類によっては肌への刺激が強いこともあるので、肌の弱い人は「敏感肌用」を選ぶと良いでしょう。 <家庭用の光脱毛器> エステと同じような光脱毛ができる機械です。お店の機械ほどのパワーはありませんが、何度か繰り返すうちにムダ毛の生えるスピードが遅くなり、お手入れが楽になるので、多少時間がかかっても確実にムダ毛を減らしていきたいという人には向いています。 デメリットとしては、本体価格はもちろん、付属品にもコストがかかることです。初期投資が数万円、カートリッジの交換に数千円ほど必要になるので、お金のない人には難しいでしょう。(分割払いのできるお店もあります) また、種類によっては多少の痛みを伴うこともあります。稀にやけどなどのトラブルが起きるケースもあるので、取り扱い説明書をよく読み、正しい方法で使いましょう。 ■エステやクリニックでの背中脱毛 とことんきれいに処理したいなら、やはりエステやクリニックが一番。通う手間やコストはかかりますが、プロならではのノウハウを駆使してつるつるの素肌に仕上げてくれます。 ただ、お店選びにはじっくり時間をかけて! いくら料金が安くても、ろくに消毒もしていない機械を使われたり、スタッフの質が悪かったりすれば、きれいになるどころか逆に肌がボロボロになってしまう可能性があります。口コミなどを利用して、評判の良いお店をチョイスしましょう。お店との相性を確かめるためには、いきなり契約するのではなく、初回割引などを利用して雰囲気や技術レベルを探ることも大切です。 <エステでの背中脱毛> エステでは「光フラッシュ脱毛」という方法で処理するのが一般的です。一昔前までは「とにかく痛い」という印象のあったエステ脱毛ですが、近頃ではかなり改良が進み、ほとんど痛みを感じることなく、短時間で処理ができるようになりました。そのため、学校のプールの授業に合わせて小学生が利用することもあるほど。 また、部位ごとに料金が決まっているお店や、定額制を導入しているお店もあるので、1回あたりのコストが少なくて済むというメリットもあります。気になった時だけ処理してもらったり、一ヶ月あたりの料金が一万円以下で済んだりするので、お金に余裕のない学生さんも安心ですね。 デメリットとしては、確実に毛根を死滅させるわけではないため、また生えてくるということが挙げられます。しかし、処理を繰り返すたびに生えるスピードが遅くなるので、自宅での処理はぐんと楽になりますよ。 <クリニックでの背中脱毛> クリニックでは「レーザー」を用いてムダ毛の処理をするのが一般的です。これは医師免許を持つ人しか操作することを許されないもので、エステの光脱毛よりも高い出力で脱毛ができ、毛根を確実に死滅させることで本当の「永久脱毛」を実現させます。また、施術を行う場所が医療施設なので、万が一のトラブルにも迅速に対応してもらえるといったメリットも。 デメリットとしては、エステに比べるとかなり強い痛みが伴うことです。出力を高くする分、どうしても肌への刺激が強くなるのですね。また、料金が1回あたり数万円かかることも珍しくないので、ある程度まとまった金額を準備できる人向けです。 背中脱毛のいろいろな方法について説明しました。まずは気軽にトライできる自宅脱毛から始めて、お金と時間ができたらお店に通うのもいいですね。しっかりお手入れをして、背中のあいたファッションも堂々と楽しめる自分になりましょう! 4)ヒゲ ムダ毛処理 ヒゲがあるとだらしなく見える! 上手なお手入れ方法と注意点 ファッションとしてのヒゲは魅力的ですが、ただボサボサと生えているヒゲはとてもだらしない印象を与えます。特に、第一印象が重要なビジネスの場では大きなマイナスポイントとなるでしょう。女性の場合も、鼻の下にふさふさとムダ毛が生えていると「身だしなみに無頓着な人」と思われて損ですよね。上手なムダ毛処理のお手入れ方法や注意点を知り、すべすべの素肌を手に入れましょう。 ■意外と目立っている鼻の下 ヒゲの薄い人は、つい油断してお手入れをさぼりがち。しかし、自分では気にならなくても、他人から見ればかなり目立つのが鼻の下なのです。これは、ファンデーションを塗っても到底ごまかしきれるものではありません。 ヒゲの濃い人は毎日、薄い人もせめて週に1度は鼻の下のチェックをしましょう。ただ、あまり処理の頻度が高すぎると肌を傷つけてしまうので、チェックの結果、どうしても処理しなくてはいけない場合のみに止めてください。 ■上手なお手入れの仕方 ヒゲが生えやすい顎や鼻の下は、比較的皮膚が薄い部分です。そのため、カミソリやシェーバーの刺激で肌に傷がつくと、そこから雑菌が入り込んでニキビができる可能性があります。お手入れの際には必ず石けんの泡やシェービングクリームを使い、肌を保護してあげましょう。できるだけ肌への当たりが柔らかい道具を選ぶことも大切です。 また、ヒゲを剃った後の肌は乾燥や刺激に弱くなっているので、保湿効果のある化粧品で十分にうるおいを与えてあげてください。 <基本のヒゲ処理の仕方> ① ヒゲを剃る部分に石けんの泡やシェービングクリームを付け、肌を保護する。 ② 毛の流れに沿ってカミソリやシェーバーを動かし、ヒゲを剃る。同じ部分を何度も剃らないよう注意! 刃が汚れたら、その都度ティッシュで拭き取る。 ③ 適度に石けんの泡やシェービングクリームを足しながら、上→下へと剃っていき、処理後はすぐに保冷剤などを使って冷やす。 ④ 保湿効果のある化粧品でたっぷりのうるおいを与える。 ■ヒゲを処理するのにベストなタイミングとは? ヒゲの処理というと「朝、出かける前」というイメージが強いですが、実はこれ、紫外線やメイクで肌を傷める原因になるのです。ヒゲを処理した後は、できるだけ肌を休ませてあげることが大切。ベストなタイミングは、毛穴が十分に開き、肌も柔らかくなっている入浴後なのです。雑菌の侵入を防ぐため、メイクを落として顔もきれいに洗ってから行ってくださいね。 ただし、入浴後が良いといっても、お風呂の中で処理するのはおすすめできません。お風呂の鏡は湯気で曇ってしっかり見えないし、カミソリを風呂場に置きっぱなしにすると、刃がさびてケガや炎症の原因になります。照明の明るい洗面所で、衛生的に管理した道具を使って行いましょう。 ■ヒゲを毛抜きで抜くのってアリ? 腕や足と同じように、顔に生えるヒゲを1本1本毛抜きで処理する人がいますが、これは危険なので絶対にやめてください。顔の皮膚は腕や足に比べて薄く傷つきやすいので、毛を抜いた時の刺激で毛穴に炎症が起き、肌が赤くなったり、埋没毛を作り出したりしてしまう可能性があります。 「埋没毛」とは、文字通り皮膚の下にムダ毛が埋まって出てこられない状態ですが、一度こうなってしまうと、きれいに治すのは容易なことではありません。特に顔は目立つ部分なので気になりますよね。 もし、埋没毛ができてしまったら、自分で無理になんとかしようとせず、すぐに皮膚科へ行きましょう。酸を含む薬剤を肌に塗り、古くなった角質や汚れを除去することでターンオーバーを促し、埋没毛が表に出やすい状態に整えてくれます。 ただ、家庭用のフラッシュ脱毛器を使うのであれば比較的安全です。顔専用のカートリッジを使い、出力を調整しながら処理していきましょう。 ■生理中や妊娠中はどうすればいい? 肌が敏感になりやすい生理中や妊娠中。この時期は、できればヒゲ処理を控えたほうが無難です。しかし、特に妊娠中は普段よりムダ毛が濃くなりがちなので、どうしても気になる……という人もいるでしょう。 このような時は、できるだけ肌への負担が少ない電気シェーバーでお手入れをするのが正解。回数は少なめのほうが良いですが、きちんとルールを守って処理すれば、それほど大きなトラブルにつながる可能性は高くありません。ただし、体調が変化しやすかったり、痛みを感じやすかったりする時期なので、処理中になんらかの異常を感じた場合はすぐに中止しましょう。 ■ヒゲの処理に向くカミソリの形 脱毛用のカミソリには、大きく分けてL字型とT字型の二種類があります。一見どちらでも良さそうなものなのですが、顔のヒゲ剃りに使うならL字型がおすすめ。T字型は握りやすいのですが、鼻の下のような細かい部分の処理には向かず、剃り残しができてしまいます。どうしてもT字型が良いという場合は「顔用」と明記してあるものを使うと良いですね。 意外と目立ってしまう顔のヒゲ。処理のしすぎは肌へのダメージが大きく、あまりおすすめできませんが、週に1度ぐらいなら問題ないので、こまめにお手入れしましょう。使う道具にこだわれば、肌に優しく効果的な脱毛ができますよ。処理後の保湿も忘れずに行ってください。 5)アンダーヘア ムダ毛処理 処理しにくくて難しい! アンダーヘアの処理方法と注意点 欧米ではもはや常識となっていますが、日本ではまだまだ抵抗を示す人も少なくないアンダーヘアのムダ毛処理。しかし、下着や水着からはみ出ているとみっともないし、衛生面も気になりますよね。アンダーヘアの処理は、決して恥ずかしいことではありません。上手なお手入れ方法や注意点を知り、悩みから解放されましょう。 ■アンダーヘアを処理することのメリット 一部の美意識が高い人を除き、日本では「アンダーヘアを処理するのは水着を着る時だけ」という人が少なくありません。そのため、普段はムダ毛が生えっぱなしで、濃い人になると下着からはみ出したり、布地を突き破っていたりすることも。デートの予定がなければこれで良いのかもしれませんが、女性として生まれたからには、やはりアンダーヘアもきちんと整えておきたいですよね。 下着に凝ることを「見えないおしゃれ」と言いますが、アンダーヘアの処理にも同じ意味があるのですよ。 また、アンダーヘアが密集して生えていると通気性が悪く、下腹部の衛生面に問題が出てきます。特に、生理中は毛が邪魔して経血をきちんと拭き取ることができなかったり、お風呂でしっかり洗えなかったりして、臭いや感染症の原因になってしまうので、しっかり処理しておくことが大切です。 ■自宅での処理の仕方 腕や足ならともかく、いくら相手がプロとはいえ、アンダーヘアを見られたくないという人は多いと思います。そんな時は、自宅でこっそり処理してしまいましょう。それには、次のような方法があります。 <カミソリやシェーバーで剃る> 最も手軽で、コストもかからないのがこの方法。気になった時にすぐ処理できるのも魅力ですね。ただ「剃る」という行為はどうしても肌への負担が大きくなるので、処理後の保湿には気を配りましょう。すぐに生えてきてしまうので、ムダ毛の濃い人にはあまり向きません。 <脱毛ワックス> 近年、注目を集めているのがこの処理法。大胆なサンバの衣装を着るブラジルが発祥で、どろどろに溶かしたワックスを肌に塗り、ムダ毛ごと一気に引き剥がします。慣れるまでは痛みを強く感じやすいのですが、コツを掴めばそれほど苦痛ではありませんし、処理回数が少なくて済むところも魅力です。 ただ、抜いた時の衝撃で毛穴に炎症が起き、埋没毛になりやすいという欠点が。使用前には必ず皮膚を洗って清潔にし、処理後は保湿効果のある化粧品でお手入れをしておきましょう。 <除毛剤> アンダーヘアが生えている場所は敏感なので、必ず「アンダーヘアにも使用可」と明記してあるものを使うことが大切です。クリームを処理したい部分に塗り、時間をおいてヘラで取り除くのですが、太くて固い毛にはなかなか効果が表れないことも。どちらかというとムダ毛の薄い人向けです。 <ヒートカッター> 熱の力でムダ毛を焼き切り、毛先を丸く整える方法です。ちょっと焦げくさい臭いがすることと、処理に時間がかかるのが難点ですが、長いムダ毛を短く揃えたい時には重宝します。下着や水着から毛がはみ出すことに悩んでいる人は、一度挑戦してみては? <光フラッシュ脱毛> 家庭で使える光フラッシュ脱毛は、コストはかかりますが非常に効果の高い方法です。ムダ毛の根元にダメージを与えるのでスルッと抜け、繰り返すたびに生えてくるスピードが遅くなります。 ただし、ヤケドなどのトラブルが全く起きないというわけではないので、出力の高さに注意し、無理な使い方はしないようにしましょう。 ■エステやクリニックでのアンダーヘア脱毛 慣れるまではちょっと恥ずかしい気もしますが、処理しにくいアンダーヘアを確実にきれいにするには、やはりプロの手に委ねるのが一番です。相手は毎日数え切れないほどのアンダーヘアを目にしているので、こちらが思っているほど気にしていません。また、処理する部分だけが見えるようにしたり、お腹から上をカーテンで仕切ったりするなどの工夫をしているお店も多いので、事前にチェックしておくと良いでしょう。 エステとクリニック、それぞれの脱毛法について説明します。 <エステの場合> エステでは「光フラッシュ脱毛」を行うのが一般的です。痛みが少なく、短時間で広範囲を処理できるのが魅力ですが、毛根にダメージを与えて抜けやすくするだけなのでまた生えてきます。 ただ、施術を繰り返すたびにムダ毛が生えるスピードが遅くなり、毛の量が減ってくるので、自己処理が非常に楽になるというメリットが。1回あたりの料金を抑えたい人にも向いています。 <クリニックの場合> クリニックでは「レーザー」を使う方法が一般的です。痛みが強く、料金も高めですが、光フラッシュ脱毛とは違って毛根を確実に死滅させるため、一度処理した部分はもう二度と生えてきません。 そのため、処理をする形は慎重に決める必要があります。ハート型などの変わった形にしたり、ハイジニーナ(すべてのアンダーヘアを処理してしまうこと)にしてみたりする人もいますが、将来のことも考えると無難な形にしておくのが賢明な選択かもしれません。 アンダーヘアを処理しておくと、デートの時や水着を着る時に堂々と振る舞えるし、衛生面でも大きなメリットがあります。お店での脱毛も決して恥ずかしいことではないので、機会があればぜひ挑戦してみてください。 6)VIOライン ムダ毛処理 デリケートゾーン(VIO)のムダ毛処理のコツ デリケートゾーンの周りに生えているムダ毛。「VIOライン」とも呼ばれますが、近年、この部分をきれいに整える女性が増えています。普段からきちんと処理しておけば急な水着姿も恥ずかしくないし、なにより余分なムダ毛がなくなることで清潔を保てますよね。しかし、場所が場所だけに自分で処理するのは難しく、時には失敗してしまうことも。どのようにすれば、上手に整えることができるのでしょうか? ■お手入れしにくい部分はプロにお任せ! 自分からも見えやすいVラインはともかく、IラインやOラインは処理しにくいですよね。きれいに整えられないだけではなく、カミソリが滑って大事な部分を傷つけてしまっては大変。自分でうまくできない時は、プロにお任せするのが最も安全で確実な方法です。 <エステでの脱毛> エステでは、一般的に「光フラッシュ脱毛」という方法がとられます。デリケートゾーンの脱毛は他の部分に比べると痛みが強くなりやすいので「レーザーの痛みに耐えられない!」という人にはこちらのほうがおすすめです。 また、一度脱毛した部分も、時間がたてばまた生えてくるのがエステの良いところ。腕や足ならもう二度と生えてこないほうが助かるのですが、VIOはある程度生えていないと温泉などで恥ずかしい思いをするので「期間限定で、今だけツルツルにしたい!」という時にも便利なのです。万が一、納得できない形になってしまった時も、また生えてくると思えば気が楽ですよね。 1回あたりの料金も、レーザーに比べると良心的。VIOをそれぞれピンポイントで支払うことができたり、定額制を導入していたりするところも多いので、お金に余裕のない学生さんでも通いやすいでしょう。 ただ、レーザーよりも出力が弱いので、ムダ毛が抜けるまでに時間がかかります。水着を着る予定がある時は、それに間に合うように計画を立てて通うことが大切です。 <クリニックでの脱毛> クリニックでは「レーザー」を使って処理するのが一般的。光フラッシュ脱毛に比べると3倍程度の出力で施術することが可能なので、効果が出るまでの時間もそれだけ早くなります。医療施設なので、万が一のトラブルに迅速に対応してくれるところも魅力の一つですね。 ただ、レーザーの場合は完全に毛根を死滅させてしまうため、形を失敗しても元に戻すことができないという問題が……。若気の至りでハイジニーナ(完全にムダ毛をなくしてしまうこと)にする人も多いのですが、年齢を重ねてから温泉などで恥ずかしい思いをする可能性もあります。どんな形にするのかは、慎重に考えてから決めましょう。 出力が高い分、痛みも強いので、痛みに弱い人は麻酔をしてもらうなどの工夫も必要です。 また、クリニックでは1回あたりの料金が数万円かかることも珍しくありません。まとまった金額がすぐに用意できない場合に備えて、分割払いが可能かどうかもチェックしてみてくださいね。 ■形を決めるためのコツ どのような形に整えるかは、普段の服装も考慮して決めましょう。 大胆なカットの下着や水着を着る機会が多ければ、指2、3本分の幅に整える「I型・フィンガー」がおすすめ。細長い形なのでムダ毛がはみ出る心配がなく、Tバックも大丈夫です。 見苦しくない程度に形を整えたいという場合は、最も基本的な「逆三角形」がおすすめ。Vラインを下着からはみ出ない程度にするだけなので、温泉にも堂々と入れるし、彼氏からのウケも上々です。 他には、すべてのムダ毛を取り除いてしまうハイジニーナ、ユニークなハート型、スクエア型などがありますが、挑戦するにはちょっと勇気が必要かもしれませんね。 ■自宅で上手にお手入れするポイント 大事な部分を人に見られるのが恥ずかしかったり、お店に通うことが難しかったりする場合は、自分でお手入れをしてみましょう。 慣れるまではあまり冒険せず、基本の逆三角形に整えるのが無難。だいたいの形が決まったらそのラインに沿って長さをカットし、処理しやすい状態に整えましょう。その後、シェーバーや脱毛ワックスなどを使ってムダ毛を取り除けば完了です。デリケートな部分なので、保湿もしっかりしてあげてくださいね。 ■お手入れ後の注意点 VIOラインのムダ毛処理をした後は、細菌感染や炎症を抑えるため、普段よりも清潔に気を配るようにしましょう。あまり刺激を与えないほうが良いので、排便後にトイレットペーパーでごしごしこするのも厳禁。そっと押さえて拭き取り、汚れが気になる場合はウォッシュレットのビデ機能を使ってください。 もし、かゆみや炎症などのトラブルが起きたら、放置せず早めに皮膚科で診察を受けましょう。体調の良い時を選んでお手入れをすることも大切です。 日本人女性にはまだまだ敷居の高いVIO脱毛。「普段のお手入れは、下着からはみ出す部分を少し切り揃える程度」という人も多いのではないでしょうか? しかし、デリケートゾーンの周りをきれいにしておくことは、清潔を保って自分の体を守ることにもつながります。いろいろなファッションに挑戦するためにも、ぜひVIOラインのお手入れをしてみましょう。年々利用者が増えており、お店側もお客さんが恥ずかしくないよういろいろ工夫をしてくれるので、思いきって挑戦してみればお店での脱毛も意外と抵抗が少ないものですよ!

ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では。

ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では。

ホームページサンプル株式会社

ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では。

ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では。

ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では。

ホームページサンプル株式会社

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプルホームページサンプル株式では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では技術ホームページサンプルと自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす。

会社名 ホームページサンプル株式会社(英語表記 Homepage sample Inc.)
設立 平成10年1月10日
住所 〒012-3456 見本県見本市サンプル1?2
事業内容 IT・マーケティング・福祉など