処理しにくくて難しい!アンダーヘアの処理方法と注意点

欧米ではもはや常識となっていますが、日本ではまだまだ抵抗を示す人も少なくないアンダーヘアのムダ毛処理。しかし、下着や水着からはみ出ているとみっともないし、衛生面も気になりますよね。アンダーヘアの処理は、決して恥ずかしいことではありません。上手なお手入れ方法や注意点を知り、悩みから解放されましょう。

アンダーヘアを処理することのメリット

一部の美意識が高い人を除き、日本では「アンダーヘアを処理するのは水着を着る時だけ」という人が少なくありません。そのため、普段はムダ毛が生えっぱなしで、濃い人になると下着からはみ出したり、布地を突き破っていたりすることも。デートの予定がなければこれで良いのかもしれませんが、女性として生まれたからには、やはりアンダーヘアもきちんと整えておきたいですよね。 下着に凝ることを「見えないおしゃれ」と言いますが、アンダーヘアの処理にも同じ意味があるのですよ。 また、アンダーヘアが密集して生えていると通気性が悪く、下腹部の衛生面に問題が出てきます。特に、生理中は毛が邪魔して経血をきちんと拭き取ることができなかったり、お風呂でしっかり洗えなかったりして、臭いや感染症の原因になってしまうので、しっかり処理しておくことが大切です。

自宅での処理の仕方

腕や足ならともかく、いくら相手がプロとはいえ、アンダーヘアを見られたくないという人は多いと思います。そんな時は、自宅でこっそり処理してしまいましょう。それには、次のような方法があります。 <カミソリやシェーバーで剃る> 最も手軽で、コストもかからないのがこの方法。気になった時にすぐ処理できるのも魅力ですね。ただ「剃る」という行為はどうしても肌への負担が大きくなるので、処理後の保湿には気を配りましょう。すぐに生えてきてしまうので、ムダ毛の濃い人にはあまり向きません。 <脱毛ワックス> 近年、注目を集めているのがこの処理法。大胆なサンバの衣装を着るブラジルが発祥で、どろどろに溶かしたワックスを肌に塗り、ムダ毛ごと一気に引き剥がします。慣れるまでは痛みを強く感じやすいのですが、コツを掴めばそれほど苦痛ではありませんし、処理回数が少なくて済むところも魅力です。 ただ、抜いた時の衝撃で毛穴に炎症が起き、埋没毛になりやすいという欠点が。使用前には必ず皮膚を洗って清潔にし、処理後は保湿効果のある化粧品でお手入れをしておきましょう。 <除毛剤> アンダーヘアが生えている場所は敏感なので、必ず「アンダーヘアにも使用可」と明記してあるものを使うことが大切です。クリームを処理したい部分に塗り、時間をおいてヘラで取り除くのですが、太くて固い毛にはなかなか効果が表れないことも。どちらかというとムダ毛の薄い人向けです。 <ヒートカッター> 熱の力でムダ毛を焼き切り、毛先を丸く整える方法です。ちょっと焦げくさい臭いがすることと、処理に時間がかかるのが難点ですが、長いムダ毛を短く揃えたい時には重宝します。下着や水着から毛がはみ出すことに悩んでいる人は、一度挑戦してみては? <光フラッシュ脱毛> 家庭で使える光フラッシュ脱毛は、コストはかかりますが非常に効果の高い方法です。ムダ毛の根元にダメージを与えるのでスルッと抜け、繰り返すたびに生えてくるスピードが遅くなります。 ただし、ヤケドなどのトラブルが全く起きないというわけではないので、出力の高さに注意し、無理な使い方はしないようにしましょう。

エステやクリニックでのアンダーヘア脱毛

慣れるまではちょっと恥ずかしい気もしますが、処理しにくいアンダーヘアを確実にきれいにするには、やはりプロの手に委ねるのが一番です。相手は毎日数え切れないほどのアンダーヘアを目にしているので、こちらが思っているほど気にしていません。また、処理する部分だけが見えるようにしたり、お腹から上をカーテンで仕切ったりするなどの工夫をしているお店も多いので、事前にチェックしておくと良いでしょう。 エステとクリニック、それぞれの脱毛法について説明します。 <エステの場合> エステでは「光フラッシュ脱毛」を行うのが一般的です。痛みが少なく、短時間で広範囲を処理できるのが魅力ですが、毛根にダメージを与えて抜けやすくするだけなのでまた生えてきます。 ただ、施術を繰り返すたびにムダ毛が生えるスピードが遅くなり、毛の量が減ってくるので、自己処理が非常に楽になるというメリットが。1回あたりの料金を抑えたい人にも向いています。 <クリニックの場合> クリニックでは「レーザー」を使う方法が一般的です。痛みが強く、料金も高めですが、光フラッシュ脱毛とは違って毛根を確実に死滅させるため、一度処理した部分はもう二度と生えてきません。 そのため、処理をする形は慎重に決める必要があります。ハート型などの変わった形にしたり、ハイジニーナ(すべてのアンダーヘアを処理してしまうこと)にしてみたりする人もいますが、将来のことも考えると無難な形にしておくのが賢明な選択かもしれません。

出典:除毛クリームでアンダーヘアをケアするときの注意点

最後に

アンダーヘアを処理しておくと、デートの時や水着を着る時に堂々と振る舞えるし、衛生面でも大きなメリットがあります。お店での脱毛も決して恥ずかしいことではないので、機会があればぜひ挑戦してみてください。